慶應義塾大学 英語学習ルート(後編)

後編では入試レベル〜直前対策について書いていきます。ここからは学部も意識して書いていきます。

【第二段階発展編】

この段階でやることは(1)多読(2)問題演習(3)過去問演習の3つです。

「多読編」

まず(1)多読です。慶應レベルの受験生は基礎を完璧にしています。基礎知識では差がつきません。読んだ長文量と語彙力で差がつきます。多読には以下の2冊をオススメします。全学部共通です。看護学部志望者は『速読英単語 上級編』をやる必要はありません。

『話題別英単語リンガメタリカ』『速読英単語 上級編』

順番は『話題別英単語リンガメタリカ』が先です。『話題別英単語リンガメタリカ』は『速読英単語 上級編』と比べ長文の難易度が低いので取り組みやすいからです。単語帳として使うというよりは中の長文を精読し音読を繰り返してください。自ずと単語が覚えられるでしょう。各章にある背景知識は息抜きがわりに読むといいでしょう。なかなか面白いです。『速読英単語 上級編』は最後までできなければそれで構いません。これも単語帳として使わず、精読と音読を徹底してください。

文学部とSFCは語彙レベルが高いとされていますが、この2冊で十分です。TOEFLの単語帳などにくれぐれも手を出さないでください。完全なオーバーワークです。

「問題演習編」

(2)問題演習は以下の教材に取り組んでください。

 

(全学部共通)『佐藤ヒロシのマーク式が面白いほどとけるスペシャルレクチャー』『佐藤ヒロシの記述式が面白いほどとけるスペシャルレクチャー』

記述問題が出題されない学部でも、記述問題に取り組んでください。長文を読むというよりは解くことに焦点が当たっています。ここで解法を固めておきましょう。また音読を忘れないようにしましょう。

 

(全学部共通)『関正生の英語長文ポラリス3』(商・法学部)『関正生の英文法ポラリス3』

読解ポラリスは難易度が高すぎず低すぎずいい感じなので、過去問演習に疲れたら息抜きがわりに解いてください。最新傾向の長文に触れることができます。予想問題のようなイメージで取り組んでください。当然、音読必須です。

文法ポラリスは難易度が高く本番前のいい練習問題になります。

 

『関正生の英語の発音・アクセントプラチナルール』(経済・法)

発音アクセント対策の必読書です。1日10分読書のように読んでください。練習問題で手軽にアウトプットもできます。12月から1月にかけてやりましょう。だらだらやらず短期で完成させてください。

 

『関正生の英作文プラチナルール』(経済・文学部)

ポラリスは英作文の入門書として活用してください。ポラリスが終わったら英作文の過去問演習に取り組んで、担当の先生に添削をしてもらってください。もし添削をしてくれる人がいなければ、『例解 和文英訳教本』を参考に自分の答案を分析してください。

また、弊社の『LOGICNOTE』では英作文コースを設置しており添削を受けることができます。

 

『Z会会話問題のトレーニング』(法)

会話問題演習に最適な1冊です。ひと通り会話問題に慣れたら過去問演習に取り組みましょう。

 

『実は知らない英文誤読の真相』(文・法・SFC)

私がオススメする最高の1冊です。例文の難易度・選定が抜群でかなりの力がつきます。完全精読を要求される文学部・SFCはもちろん法学部の誤文指摘問題にも有効です。強調構文や比較の盲点まで解説がされています。文学部の和訳問題で他の受験生と差をつけることができるようになります。直前期に取り組んでください。もし、法学部・SFC志望の人で本番までに終わるのが厳しいようでしたら最後まで終わらなくても構いません。

「過去問演習編」

(3)最後は過去問演習です。

『慶應の英語』『赤本』

志望学部の過去問は手に入る分全て解いてください。そして音読をできるだけたくさんしてください。過去問が本番に出題されるレベルの英文です。それに慣れておく必要があります。試験会場でも単語帳など参考書を読むのではなく慣れ親しんだ過去問の音読をしてください。試験直前に知識の確認は言語道断です。知識の確認が必要ないくらい学習を徹底してください。また、直前に音読をすると試験開始後すぐ集中できます。

 

*音読のポイントについて

音読は10回以上やってください。成績アップには必要不可欠です。100回できれば完璧です。

(1)最初の数回は構文が正確に取れるか確認しながら読んでください。

(2)構文が正確につかめるようになったら、全文和訳できるようになるまで続けてください。(これで単語が完璧になります。)

(3)最後は論理関係と解答のポイントを意識しながら読んでください。

 

(3)までやると10回という数字は少なく感じます。“1日1長文読め”とよく言われますが、むやみやたらに読解を繰り返しても意味がありません。音読をしっかりしていたら時間が到底足りません。2・3日に1本で構いませんから、1つ1つの長文を完璧にすることを心がけてください。

「慶應大対策英語コース−コンテンツ」

①難関大長文読解と自由英作文コースがあります。

②長文2題、自由英作文2題の添削課題があります。

③「テキスト」の添削、「課題参考書」の添削および慶應大の過去問添削を毎月何題でも受け付けます。

④メールによる質問受け付けをします。