現論会 指導報告 文系編 8/27

現在、早稲田大学を志望する生徒を担当しています。

先週はお盆の帰省のため復習中心の計画にしていましたが、17日から通常通りの勉強スタイルに戻しました。

英語に関しては現在パラグラフリーディングのストラテジーを用いて、今まで単語、文法、英文解釈で身につけて来た力を使いつつ、長文を読み解いていくコツを学んでいます。今週は特に引っかかるところもなく進められたようでした。

現代文は、現代文開発講座で、ロジカルに文章を読んで考えていく力をつけています。解説にある方法をしっかり再現して練習に取り組めているので、今後の過去問演習などでも活かせるようにしっかり染み込ませていきたいです。

古文は、古文読み方解き方のテキストを使い、的確に内容を理解していく力をつけています。この生徒は古文が苦手だったので、このテキストを通してしっかり古文を読む基本が抑えられることを望んでいます。また、古文常識も進めていますが、なかなか頭に入らないとのことでした。古文常識は、一問一答形式で覚えられるものではなく、実践していく中で実感していくものなので、これからの演習の中で身についていくだろうということを伝え、実戦で出て来たときに見たことがある、読んだことがあるという程度にはなっているように今はしておくようにとアドバイスしました。また、源氏物語等を漫画なのでも軽く読むことで実感できる部分も私の実体験としてあったので、その旨も伝えました。

日本史は得意な生徒なので、教科書と一問一答を、1日か2日で一単元ずつ進めています。地歴は繰り返し大切なので、これからも続けていきます。