現論会 指導報告 理系編 9/3

受け持っている生徒に今週指導したことの1つに、「現役生の理科の学習の進め方」があります。

普通の公立の高校の理系のカリキュラムでは、物理や化学等の理科の授業内容が終了するのは11月〜12月あたりになるはずですが、当然それが終わってから改めて演習をしていては入試に間に合いません。

そこで、取れる選択肢として、おおまかに、(1)予習をして夏休みまでに全ての範囲を終了させ、夏明けから演習(2)教科書内容のインプットは授業にまかせ、演習を平行してやっていく、の2つがあると考えます。

世間一般では(1)のように早めに予習をしなければ間に合わない、と言われがちですが、私は(2)をおすすめします。

なぜなら、自力で習っていない部分を予習してものにするのはものすごく時間がかかり、それよりはその時間を数学や英語、既習範囲の理科の演習に使った方が効率的だと考えるからです。

その代わり、学校の理科の授業をしっかり聞き、その日のうちに(知識の定着のために重要です!)習った部分を演習し、定期テスト前にほぼ何もしなくていいレベルまで授業内容を完璧にしましょう。

学校の授業は軽く見られがちですが、しっかり使えば強制的に一定量をインプットできる良い教材です。

現論会では一概に「学校VS独学」といった図式を作るのではなく、生徒の学習状況に合わせて最適なプランを提示させていただいています。