株式会社言楽舎

著書紹介

BOOKS

BOOK01東大現代文でロジカルシンキングを鍛える

東大現代文は「ロジカルシンキング」を鍛える最高の教科書だ。難解に思われる東大の現代文。実は問われていることはたった二つのこと、「どういうことか」「なぜか」だけ。このシンプルな問いに答えることが、「ロジカルに考える」ということ、すなわち「ロジカルシンキング」なのです。数多くの教え子を東大合格に導いてきた筆者が、東大の入試問題を通してあなたの「ロジカルシンキング」を鍛え上げます!

東大現代文でロジカルシンキングを鍛える
基本情報
著者
柳生好之
出版社
KADOKAWA
仕様
四六判
発売日
2015年8月18日
価格
1,300円 + 税
東大現代文でロジカルシンキングを鍛える

BOOK02関正生の英語リスニングプラチナルール

「聞き取れる耳を作る」だけでは終わらない! 好評既刊「関正生の大学入試プラチナルール」シリーズにリスニング対策の一冊が登場!。リスニング問題にも、独学では絶対に身につけられない「聞き取り」「問題理解」 「解く」のルールが存在する!2枚の付属CDには、アメリカ人、イギリス人ナレーターによる2タイプの発音、読み上げスピードの異なる2種類の音声を収録。
センター試験から難関校までをカバーする「正解力」がみるみるアップ。今の時代のリスニングに必要なプラチナルールを手に入れろ!

関正生の英語リスニングプラチナルール
基本情報
著者
関正生、土岐田健太 共著
出版社
KADOKAWA
仕様
四六判
発売日
2016年12月9日
価格
1,300円 + 税
関正生の英語リスニングプラチナルール

BOOK03歴史が面白くなる 東大のディープな日本史

東大入試に出た日本史「近世・近代」の問題で、あなたの知らない史実が見えてくる!
「東大日本史」の入試問題は、“知っていれば解ける”という類のものではなく、歴史学的視点をもとにしなくては解答までたどり着けない「良問」といわれます。
本書は、そんな東大日本史入試問題を題材に、日本史の「近世」「近代」における出来事や制度の“あまり知られていないトピックス”について、予備校講師の著者ならではの視点で読み解く一冊です。

歴史が面白くなる 東大のディープな日本史
基本情報
著者
相澤 理
出版社
中経出版
仕様
単行本(ソフトカバー)
発売日
2012年5月15日
価格
1,000円 + 税
歴史が面白くなる 東大のディープな日本史