カテゴリー: 東工大対策

東工大対策について

①東京工業大学入試制度について

東京工業大学(以下東工大)では入試制度として「センター試験の点数を、本試験が受けられるかどうかの参考点(基準点に満たない受験者が、本試験に出願不可能となる”足切り”と呼ばれるもの)にのみ用いて、合否に関わる点数としては二次試験のみが考慮される」という特別な入試制度を持っています。つまりセンター試験でどんなに低い点数を取っても基準点さえ満たしていれば、東工大に合格することは可能だということです。

基準点はセンター試験600点(950点満点中)程度であり、このレベルの国立としては非常に低い基準だと言っても良いでしょう。つまり東工大の対策をしっかりして、ある程度国語や社会の対策をすれば怯える必要は全くないということです。

もう一つの特徴は、第二志望まで科類を出願できる、つまり滑り止めとしての科類を受けることができるということです。東工大に合格するためにしっかりと実力をつけることができれば少しくらいのミスは許されるということです。

②東工大二次試験について

東工大の二次試験対策をする上で押さえておかなければならないことは、その難易度の高さです。全科類共通で英語・数学・物理・化学の4教科が二次試験の科目となります。一般的に言われている他大学との相対的な各教科の難易度としては、年によってばらつきがありますが

英語(150)<物理(150)≦化学(150)≦数学(300)

このような序列になります。かっこの中の数字は配点です。そう、東工大の合格のためにまず着目すべき点は数学の重みです。これらのことに着目して各教科の対策を見ていきましょう。

1.数学

東工大の数学は計算量が非常に多く、正確な計算力が求められます。ただ発想力がないと解けないという問題はそれほどなく、典型的な問題の解き方や考え方、またそれらを正確に処理できるかが重要です。特に積分は多くのハイレベル参考書で取り入れられるほど良問で演習性の高いものが多いです。

「一対一対応の数学」や「青チャート」などを用いて一通りの典型問題に触れ、それらをしっかりと押さえたのちに、それらを組み合わせた重めの問題集(やさしい理系数学→ハイレベル理系数学、新数学スタンダード演習ⅠAⅡB、Ⅲなど)を2冊程度終わらせることができればある程度の二次力はついているので、過去問演習に移ってもいいでしょう。過去問自体も良問揃いなので実力はかなり伸びると思います。東工大合格のためには数学でしくじらないことが大切です。万全の対策をして臨みましょう。

2.英語

東工大の英語は、東大や京大・早慶上智などと比べてシンプルな問題が多いです。ただ近年試験全体の語数も増加傾向にあり、難化傾向にあるために油断はできません。基本的な語彙を習得して、長文をしっかり読める力をつけることができればここが得点源になるはずです。単語帳を持っているならばあえて新しいものを買う必要は無く、それをしっかりとやりましょう。もう少し上級単語を覚えたいという人は「速読英単語の上級編」などを用いても良いです。長文対策としては王道ですが「やっておきたい英語長文700、1000」などをお勧めします。本番は語数の多い長文を相手にするので演習でも語数の多い長文がいいです。これらがある程度終わったなら過去問を時間を計ってやってみましょう。

3.物理

東工大の物理は、やや難しい内容を、誘導をつけて扱う良問が多いため基本事項をしっかりと抑えることが必要です。試験時間はそれほど厳しくないためにかえって差がつきやすい教科ともいえるでしょう。教科書の内容をしっかりと押さえた上で覚えたのちに、「名門の森」や「重要問題集」で演習を積むと良いでしょう。どちらも非常に良質で有名な問題集であり、多くのライバルの受験生も手を出しているはずなので内容で積み残しなどがないようにする必要があります。化学と比べると点数が積みやすい科目なので、得意教科ではなくとも苦手教科にしてはいけないというつもりで取り組んでください。

4.化学

東工大の化学は、特徴の強い科目となっています。まず回答に記述する内容が他の国立理系大学と異なり答えだけとなります。つまり答えまでのプロセスを記入しないため、計算ミスしたらパーです。また難易度の浮き沈みが激しく、年によって本当に同じ大学かと疑うくらい易化する時もありました。したがって対策としては、確実な計算量をつけた上で、難しい内容が出てもある程度は対応できるようにならなければいけないということです。教科書の内容を一通り押さえた上でまずお勧めする参考書が「重要問題集」です。問題・解説ともに出来が良く、さらに理解を深めてくれる内容となっています。中途半端な参考書に手を出すよりはこの問題集を何周もやる方が絶対良いでしょう。その後にさらにレベルを引き上げる参考書として「化学の新演習」があります。こちらは理論化学の重たい計算や、非常に複雑な有機の問題などかなりハイレベルなので本番までに余裕があったらやる、といった認識でも良いかもしれません。化学は良質な参考書が多いため実際に見てみて自分に合うと思うものを探すのもいいかもしれません。

以上が東工大に合格するための対策です。晴れてみなさんが合格することを祈っています。

センター国語【攻略ルート完成編】

センター国語攻略ルートもいよいよ最終段階です。この段階で80%オーバーを狙いましょう。難関国公立を受験するためには「最低でも80%」という実力を身につけなければいけません。国語のせいで第一志望校を諦めるということがないようにしましょう。バックナンバーは下記を参照してください。

センター国語【攻略ルート基礎編】

センター国語【攻略ルート発展編】

【第三段階】センター80%以上

 

「過去問演習編」

最後の一ヶ月は過去問演習です。今まで培った「知識」と「読解力」を駆使して制限時間内に目標点を取るための訓練が必要になります。そこで使用するべきものは、もちろん教学社「通称赤本」です。

〜特徴〜

①本試・追試を含めて最も掲載年が多いです。

②充実した解説が載っています。

〜使用法〜

①1週間に1度「評論、小説、古文、漢文」をワンセット80分で解きます。

②その時のスコアに応じて、強化したい分野を毎日解きます。

③①②を繰り返します。

 

例えば、一年文を「評論38点、小説42点、古文25点、漢文38点」という結果になった場合には、1週間「古文」だけを毎日解きます。

そして、また1年分を解きます。順調にスコアアップしていればそれで良いです。

しかし、「評論42点、小説25点、古文42点、漢文42点」という結果になってしまったら、今度は1週間「小説」だけを毎日解きます。

その際に、今までの段階で勉強してきた参考書を復習しながら問題演習をこなしてください。

 

「総まとめ編」

過去問演習をしていていると「解説に納得できない」などの悩みや相談事が出てくる人もいると思います。その時に周囲に頼りになる先生がいれば、その先生に相談してください。しかし、そのような人が周りにいないという方もいると思います。そこで、言楽舎では直前期に「LOGICNOTE センター国語トータルチェック」という講座を用意しています。この講座ではセンターのあらゆる出題形式、選択肢の正誤パターンを総チェックします。

 

また、センター過去問のあらゆる年度の問題の質問にも回答いたします。

 

是非利用してみてください。

 

センター現代文のあらゆる文章形式・設問形式・選択肢形式を網羅した総チェック講座の先行販売です。12月15日から視聴することができます。学習計画が立てやすいように5日間で全てのプログラムが終わるように作られています。

「PDFテキスト」
「映像解説講義」

が送付されます。

「難解な本文をいかに読み解くか」
「各設問における判断スピードをどのようにしてあげるか」
「紛らわしい選択肢の正誤判定の仕方」

など、センター現代文の全てをお話しします。

講義はまず個々のポイントごとに一問一答形式で展開していきます。
全てのポイントが確認できたら大問一題の確認をします。

今までの膨大なセンター現代文のデータを分析した結果判明した、「必ず出題されるポイント」を短期間で身につけることができます。

【内容】
第一回「センター頻出分析ポイント①文構造、指示語、接続詞」
第二回「センター頻出分析ポイント②対比、類比、論証、因果」
第三回「センター頻出分析ポイント③心情、因果」
第四回「センター評論トータルチェック(問6:論の展開、討論形式対策)」
第五回「センター小説トータルチェック(問6:表現の特徴対策)」

※本講座は12月15日から視聴することができます。

 

センター国語【攻略ルート発展編】

前回の続きでセンター国語攻略ルートについて書きます。バックナンバーは下記を参照してください。

センター国語【攻略ルート基礎編】

【第二段階】センター70%まで

センター国語で120点前後の人は基礎的な知識が一通り身についているのですが、文章全体を通読する読解力がまだ身についていません。したがって、この段階ではある程度長い文章を通読する練習をするための参考書選びをしましょう。また、最終的に【難関国公立二次・難関私立】までを視野に入れるなら、この段階で少し差が出てきます。今回は理系の方などの「とりあえずセンター国語だけ攻略したい」という人のための記事を書きます。

 

「現代文・読解編」

センター国語の現代文は非常に長い本文を通読する力が必要になります。そこで、最新のセンター国語の試験を踏まえて本文を丁寧に読んでいく参考書を選ぶべきです。「長文読解力」を身につけるのにふさわしい参考書はKADOKAWA「センター試験国語[現代文]の点数が面白いほどとれる本」です。

〜特徴〜

①本文を通読するための読解法やマーキング法が詳しく載っています。

②曖昧になりがちな小説問題の解法も載っています。

③最新のセンター現代文問題を解説しています。

〜利用法〜

①まずは問題を解いて、解説を読みます。6題なので一週間で終わらせましょう。

②二度目も問題を解きます。一週間でもう一度一周しましょう。

③三度目で読解法と解答法を覚えましょう。

「古文・読解編」

この段階で「単語力」「文法力」を「読解力」へと昇華します。センター国語の古文は知っている文章が出る確率は低く、初見の文章を読み解く力が必要です。そこで「単語」「文法」をどのようにして「読解」につなげていけば良いのかを苦手な人にもわかりやすく丁寧に解説した参考書が必要になります。そこで「読解力」をつけるのにふさわしい参考書はKADOKAWA「岡本利奈の一冊読むだけで古文の読み方&解き方が面白いほど身につく本」です。

〜特徴〜

①「単語」「文法」「読解」「解法」とまさにオールインワンと言って良い本です。

②「説明の仕方」が第一段階の「古文教室古典文法編」と似ており、相乗効果が得られます。

③巻末に覚えるべき「リスト」が載っています。

〜利用法〜

①13回分あるので二週間でまずは一周します。この段階では覚えようとせず、説明を理解することに徹しましょう。(13日間)

②二周目で重要事項を確認して行きます。まだ完璧に覚えなくても良いです。(13日間)

③最後に巻末リストで重要事項を覚えます。(4日間)

「漢文・句法編」

この段階でセンター国語で漢文が必要な人は、「漢文句法」の学習をしましょう。ただし、漢文の勉強には「古典文法」が必要になりますから、第一段階で「古典文法」を勉強していることが前提となります。また、「漢文句法」は現代文の「構文・フレームワーク」に通じるものがありますから、なるべく漢文の勉強はするべきです。「漢文句法」を身につけるのにふさわしい参考書は学研「漢文ヤマのヤマ」です。

〜特徴〜

①重要句法が網羅されています。

②詳しい解説も付いています。

③センター国語の過去問が例題として付いています。

〜利用法〜

①まずは「句法」と「例文」「講義」だけ(右のページだけ)を読み進めて一周します。この段階では覚えようとしなくても構いません。(1週間)

②左ページの「演習ドリル」を解きながら「句法」の確認をします。(1週間)

③センター過去問を解きながら「句法」の確認をします。(1週間)

④「別冊」で「重要句法」を覚えます。(1週間)

 

この段階でセンター国語で70%を切らないように仕上げましょう。センター国語は点数の波がある科目です。「たまたまMAXで70%」ではなく「最低でも70%」を目指してください。

「三日坊主になりがちな方へ」

これらの参考書をどのように実行していったら良いか、またルートをきちんと実行できるかが不安な方は、ロジックノートの「センター試験対策コース」をお勧めします。

「センター試験対策コース−コンテンツ」

①「PDFテキスト」と「映像解説講義」(毎月評論、小説、古文、漢文各一題が付いてきます)

②「参考書ルート」学習管理

③メールによる質問受け付け

センター国語【攻略ルート基礎編】

リニューアルされた言楽舎サイトへようこそ。

これから、受験対策記事を充実させていくので、ぜひ参考にして受験勉強を乗り越えてください。

今回はセンター国語攻略ルートについて書きます。

【第一段階】センター60%まで

センター国語で100点前後の人は、そもそも基礎が身についていません。したがって、この段階では基礎力の充実を目標として参考書選びをしましよう。

 

「現代文・知識編」

現代文の基礎は「漢字・語彙」です。センター国語では第一問で漢字(10点)、第二問で語彙(9点)が出題されます。まずは、この部分の対策として「漢字・語彙」を鍛えましょう。もちろん、「漢字・語彙」の力は読解問題にも必要になってきますから、それ以上の点数アップが期待できます。「漢字・語彙」を身につけるのにふさわしい参考書はいいずな書店「TOP2500」です。「漢字練習帳」と「現代文単語帳」が一冊になっているので、現代文はこれ一冊で十分です。

〜特徴〜

①「漢字問題集」と「単語帳」がオールインワンになっています。

②漢字に意味が付いています。

③評論語・カタカナ語・対義語・慣用表現・四字熟語と読解にも役に立つ用語が載っています。

〜利用法〜

①まずセンター国語では書き取りは不要です。ですから、「漢字→読み方→意味」という順番で目を動かして確認していきます。

②さらっとで良いので、毎日10分くらいで一週間で一周するように目を通します。

③ ②を4回繰り返します。(一ヶ月)

「現代文・読解編」

現代文のもう一つの基礎は「国文法に基づいた読解力」です。センター国語は解答を公表するため、必ず正解が決まらなくてはいけません。そこで何を根拠に「正解/不正解」を決めるのかというと、「国文法」という客観的なルールです。その「国文法に基づいた読解力」を鍛える上で最初に選ぶべきは学研「ゼロから読み解く最強の現代文」です。

〜特徴〜

①苦手な人でも取り組めるように「短い文」で「設問が少なく」なっています。

②「指示語」「接続詞」など読解に必要な文法が学べるようになっています。

③「抽象・具体」「対比」「並立」など論理的読解の基礎が学べるようになっています。

〜利用法〜

①15題掲載されていますから、1日1題のペースで15日で終わらせます。

②完璧にするために1日1題をもう一度繰り返します。

③30日で終わらせます。

 

現代文は一ヶ月でこの二冊を終わらせましょう。

 

「古文・単語編」

センター国語の第三問は古文です。この段階では知識をつけることに徹する方が良いでしょう。読解力は現代文で鍛えておいて、古文の演習は後回しにする方が効率的です。そこでこの段階の古文の勉強は「単語」「文法」になります。まずは「単語」から行きましょう。古文単語を身につける上で選ぶべきはスタディカンパニー「古文単語ゴロゴプレミアム」です。

〜特徴〜

①ゴロがついています。本当に苦手な人にはとても助かります。

②掲載単語数が多く、「単語」だけでなく「文法」や「古文常識」や「和歌の修辞法」までまとまっているオールインワンです。

③単語の「解説」も充実しています。

〜利用法〜

①本当に苦手な人はまず「ゴロ」で「単語」とメインの「意味」だけを覚えます。(一週間で一周)

②「例文」を読みながら単語の「意味」を確認します。(一週間で一周)

③単語の「解説」を読みながら単語の「意味全て」を確認します。(一週間で一周)

「古文・文法編」

古文や漢文を読む上で欠かせないのが「古典文法」です。実は現代文も「文法」が重要なのですが、「文法」に基づいた読解というのは「古文」で鍛えるべきなのです。また、「文の構造」や「助詞」は現代文とも共通のものが多いので、「古典文法」をしっかりと勉強することはセンター国語全体の点数を上げるために必要です。「古典文法」を身につける上で選ぶべきは旺文社「古文教室古典文法編」です。

〜特徴〜

①文法を勉強する上で必要なことをカットすることなく、わかりやすく説明しています。

②穴埋めドリル形式なので、苦手な人でも読み進めることができます。

〜利用法〜

①「ウォーミングアップ編」の「品詞」「用言」を3日で終わらせます。

②「実践編」の「助動詞」を一日一つずつやって行きます。

③「実践編」の「助詞」は5日で5周します。ここは現代文にも通じるところですから、しっかり身につけましょう。

④「実践編」の「敬語」は3日で3周します。ここは次の段階の「読解編」でも詳しくやるので、さらっとで構いません。

※この部分はスタディサプリ「古典文法」で代用することもできます。

 

【第一段階】は以上です。しっかり計画を立てて、実行して行きましょう。

 

「三日坊主になりがちな方へ」

これらの参考書をどのように実行していったら良いか、またルートをきちんと実行できるかが不安な方は、ロジックノートの「センター試験対策コース」をお勧めします。

「センター試験対策コース−コンテンツ」

①「PDFテキスト」と「映像解説講義」(毎月評論、小説、古文、漢文各一題が付いてきます)

②「参考書ルート」学習管理

③メールによる質問受け付け