カテゴリー: 早慶対策

早慶対策について

①始めに:

日本の超難関私立である早稲田、慶応に合格するためにはある程度これらの学校について知っておくべきことがあります。ただ受かろう受かろうというのではなく、まずどのようにしたら良いのかを考えて自分なりの勝ち方を探す必要があります。

早稲田・慶応に合格し入学する主な方法としては次の3つの入試があります

1)センター利用入試(早稲田のみ)通称:セン利

2)一般入試 通称:一般

3)推薦・AO入試

この記事では 1)センター利用と 2)一般入試について述べます。その他の入学方法もありますがメジャーではなくあまり現実的ではないので触れません。

②センター利用入試について:

こちらは早稲田のみ採用している方式ですが、センター試験の結果のみで合否が決まるという入試です。学部にもよりますが、合格するためにはセンター試験を9割近く取る必要があります。この方式で早稲田に合格しようとする場合、センターの授業などをしっかりとって本格的な対策をする必要があります。ただ難易度の変化が激しく、時間勝負となるセンターで一発勝負というのは、筆者や周囲の人間の経験からして、かなりのプレッシャーがかかります。二次の対策がめんどくさいからセンター利用で受かってやろうなんて考えてはいけません。もしセンター利用で合格を目指すならば、センター対策の記事をしっかりと読み、対策をして万全の態勢で臨みましょう。

③一般入試について:

こちらが最もメジャーな入試方式となります。センターと二次試験の配点や必要科目は早稲田・慶応の学部によってまちまちですが、基本的な対策の方針は変わりません。以下でより詳しく一般入試対策について主に3点、述べていきます。

早稲田・慶応に合格するためにまず押さえておくべきことは、英語の重みです。

一部の学部を除いて(慶応・総合政策学部など)文学部、経済学部から理工学部、薬学部までほとんどの個別入試で必要となる英語は、配点が大きいです。その上に難易度はかなり高いために個別入試対策が欠かせません。早慶対策英語の授業や、参考書などをやりこむ必要があります。ただし良質のものからひどいものまで巷に溢れかえっていますので、参考書を選ぶ際は気をつけましょう。東進の対策は過去問に基づきプロの講師が行なっているのでオススメです。ただ英語が得意だったり、あまり時間がなかったりと各々状況が異なるので一度赤本などで過去問を解いて採点してみることをオススメします。

他の教科については学部ごとに異なるために一概には言えませんが、大学の特色が強く現れていることが入試の特徴と言えます。そのためできるだけ早期に対策を始めれば始めるほど早稲田・慶応に合格する可能性は上がっていきます。せめて12月には大学と学部を決めておきたいといったところです。

また早稲田、慶応は難易度が高いものの、教科が絞れるという点では自分の得意なところで勝負ができるため実力を存分に発揮しやすいという面があります。時間が足りない現役生にとってこれはかなりのアドバンテージですので、とりあえず早稲田・慶応に合格したいならば受けそうな各学部の個別入試を解いてみて手応えで受ける学部を決めることをお勧めします。学部を決めて勉強して、いざ過去問やってみたら全く歯が立たなかった、、、という場合も本当にあります。

以上を踏まえて簡単な入試までの流れをまとめてみたいと思います。

①英語の対策は早めからやっておく、学部が決まっていなくてもやっておくに越したことはない。

②ある程度、早慶を受けるという決心がついたなら、自分の得意教科を考慮しつつ2、3学部ほどに候補を絞る(決まっている人は必要ない)

③実際に過去問や模試を解いてみて、勝てそうな学部を見定める。

④その学部の対策授業や、過去問に本格的に取り組む。

早慶に合格する、ということが目標であれば③のプロセスをしっかりやることをお勧めします。晴れてみなさんが合格することを祈っています。

 

 

 

 

慶應小論文(経、商)【攻略ルート完成編】

いよいよ経済学部、商学部対策も最終段階です。今まで身につけてきた「思考力・判断力・表現力」を「得点力」にむすびつけましょう。この段階でやるべきはもちろん過去問です。

 

【第三段階:完成編】慶應合格レベル

慶應経済も慶應商も問題はやはり独特なので、過去問演習が必須となってきます。過去問演習にふさわしいのはもちろん教学社「赤本」です。

〜特徴〜

①実際の入試の過去問が載っています。

②詳しい「要約」「解説」「解答例」が載っています。

〜利用法〜

①まずは試験のように問題を解きます。

②学校や塾の先生に添削をお願いします。

③添削・アドバイスに従って書き直します。

「添削編」

「添削」は生徒にとっても、先生にとっても非常に悩ましい問題です。ですから、学校や塾の先生の負担を減らし、また自分の得点を最大化するためにも、学校や塾の先生に添削をお願いする際には以下の点について添削してほしいとあらかじめお願いしてください。

「添削ポイント」

①「誤字脱字」「文法語法構文ミス」「原稿用紙の使い方のミス」チェック

②「主張の一貫性(矛盾がないか)」チェック

③「論証の妥当性(容易に反論されないか)」チェック

この3点に絞って添削をお願いすると、学校や塾の先生も添削しやすくなります。また、添削をお願いするときには「問題」および「課題文の要約」を必ずつけましょう。

場合によっては「添削」が「背景知識の説明」になってしまうこともあるかと思いますが、そうではなく上記の三点のポイントの添削を受けるようにしてください。「知識」は先生の手を煩わさなくても自分で本を読めば良いことです。自分ではなかなか気がつかない「ミスのチェック」をお願いしてください。

「礼儀の重要性」

学校や塾の先生はほとんど「サービス残業」で添削をしてくれています。必ず礼を守って感謝を忘れずにお願いするようにしてください。すると、先生方もみなさんの力になってくれることでしょう。

「通信添削サービス」

頼れる先生がそばにいれば良いのですが、国語とは異なり小論文の場合どうしても研究や経験が十分でない先生もいます。頼れる先生がそばにいない場合は通信添削を利用するのが良いでしょう。弊社では「ロジックノート」コースで「学部別慶応小論文対策講座」があります。

〜特徴〜

①攻略に必要な「参考書」が送られてきて、学習進捗管理をします。

②単なる過去問演習では身につかない「思考力」「判断力」「表現力」が身につきます。

③もちろん「過去問」は何題でも添削します。

④添削をするのは柳生好之の指導を受けた現役慶大生です。

 

 

慶應小論文(経、商)【攻略ルート発展編】

ここからいよいよ本格的な経済学部、商学部の対策に入ります。この部分はどこの塾予備校でも弱い部分なので、ぜひ参考にして他の受験生と差をつけてください。

【第二段階:発展編】

「論理的思考編」(経済学部、商学部共通)

経済学部にしても商学部にしても、ロジカルシンキングは必要です。特に商学部は直接的にロジカルシンキングの知識の有無を問う空所補充問題も出題されますから、必ずこの本をやりましょう。ロジカルシンキング(論理的思考)を身につけるのにふさわしい本はサイエンス・アイ新書「論理的思考最高の教科書」です。(ちなみに著者は早稲田大学教授なのでうちの慶應生スタッフに「早稲田の先生だけど大丈夫?」と聞いたところ「著者名が『福澤』なので大丈夫でしょう!」と言われたので推薦します)

〜特徴〜

①短い例文で本格的な論理的思考を身につけることができます。

②「論証」「相関」「因果」など論理的思考に必要な概念を短時間で学ぶことができます。

③著者名が「福澤一吉」です。

〜利用法〜

①まず問題を解きながら一周します。わからない問題はすぐに答えを見ても構いません。(1週間)

②2回目は問題が解けたら、すぐに次に進みます。間違えた問題だけ解説を読みましょう。(2週間)

「データ分析編」(経済学部)

「論理的思考最高の教科書」で論理的思考を身につけたら、「データ」の部分を補充しましょう。「論理的思考最高の教科書」は「データ」部分が最後に少しあるだけなので足りません。経済学部向けの「データ分析」を身につけるのにふさわしい本はダイヤモンド社「『原因』と『結果』の経済学」です。

〜特徴〜

①データから「相関関係」や「因果関係」を読み取る問題例が豊富に記載されています。

②データから「反論」を構築する考え方を学ぶことができます。

〜利用法〜

①問題を考えながら読み進めます。読んで理解できれば良いです。(1週間)

②本書の問題に対して別のアプローチが可能かを考えながらもう一度読みます。(1週間)

「確率・統計編」(商学部)

商学部では「確率」「統計」の問題が出題されます。課題文の中にヒントがあるので読めば解けるものも多いのですが、数式に慣れておくに越したことはありません。「確率」「統計」を身につけるのにふさわしい本はPHP新書「高校生が感動した確率・統計の授業」です。

〜特徴〜

①基礎編で学んだ「確率」を確認することができます。

②統計・データの問題も多数掲載されています。

③数学が苦手な人でも理解できるようになっています。

〜利用法〜

①基礎編ですでに考え方を学んでいるので問題を考えながら読みます。(1週間)

②間違えた問題をもう一度解き直します。(1週間)

経済学部、商学部は大学に入ってからも数学が必要になってきますから、根気よく勉強し続けてください。

「三日坊主になりがちな方へ」

これらの参考書をどのように実行していったら良いか、またルートをきちんと実行できるかが不安な方は、ロジックノートの「学部別慶應小論文対策コース」をお勧めします。

「学部別慶應小論文対策コース−コンテンツ」

①「課題図書」が毎月送付されます。

②毎日「参考書ルート」学習管理をします。

③「課題図書」の添削、および慶応小論文過去問添削を毎月何題でも受け付けます。

④メールによる質問受け付けをします。

 

慶應小論文(経・商)【攻略ルート基礎編】

今回からは対策が難しいと言われている経済学部、商学部の【攻略ルート】を説明していきます。基礎編は法学部、文学部と共通している部分も多いです。まずは「文法」「論理」を固めましょう。

 

【第一段階:基礎編】

「日本語作文編」(経済、商共通)

まず小論文は「日本語で文法的に正しい文章を書く」ということが基本です。ただし、注意点があります。「確かに文法的には正しいのだけれど、読みにくい。係り受けがわかりにくい」という文もあります。ですから、「なるべくわかりやすく書く」ということを意識してください。難しい内容の文を書くときは構文も難しくなってしまいますが、それでもわかりやすい文を書くことを心がけましょう。その「分かりやすい文を書く能力」を身につけるためにふさわしい本は朝日新聞出版「中学生からの作文技術」です。

〜特徴〜

①同著者の類書に比べるととてもわかりやすく説明されています。

②「日本語文の構造」や「係り受け」や「修飾語の順番」など、実際の文章を書くのに役に立つ知識が載っています。

〜利用法〜

①まずはさらっとで良いので通読します。この際には問題は解かなくても結構です。(1週間)

②2周目で実際の文を書く練習をしてください。(2週間)

③3周目は「文の構造」「係り受け」に関するわかりやすい「語順」を覚えます。(1週間)

「論理的思考編」(経済、商共通)

小「論」文ですから、当然「論理的思考」が必要になってきます。ぜひ、「論理的思考」を身につけて、入試だけでなく大学での学業においても差をつけてください。「論理的思考」を身につけるための本は三笠書房「ロンリのちから」です。

〜特徴〜

①野矢茂樹先生の本の中でも中高生を意識して書かれたものなので、とてもわかりやすいです。

②「思考力・判断力・表現力」を身につける上で基礎になる「論理力」が身につきます。

〜利用法〜

①苦手な人はまず分からなくてもいいので通読してください。(一週間)

②次は問題を考えながら通読しますが、間違えても構いません。(一週間)

③最後に問題を解きます。(二週間)

まず基礎編でおすすめする参考書はこの二冊です。一ヶ月でしっかりとこなしていきましょう。

「数学編」

「確率編」(商学部のみ)

商学部の論文テストでは「確率」「統計」が出題されます。ですから数学の基礎的な考え方を学ぶ必要があります。ただし、「論文テスト」を選択する生徒は数学が苦手な場合が多いです。そこでまず第一段階では、確率の基礎からやり直しましょう。「確率」の基礎的な考え方を身につけるのにふさわしい本は小学館「細野真宏の確率が本当によくわかる本」です。

〜特徴〜

数学が苦手な人でもゼロから「確率」を学ぶことができます。

〜利用法〜

①まずは問題を解きながら一周します。解けない問題は解説を読むだけで構いません(1週間)

②2周目では問題を全て解きます。(1週間)

③3週目では二週目で解けなかった問題を解きます。(1週間)

※ この部分はスタディサプリ「高12スタンダード数学ⅠA第14講〜第18講」で代用することができます。

 

「数学的思考編」(経済学部のみ)

経済学部の小論文では「数学的思考力」が問われます。数学が苦手な人が数学的思考力を鍛えるためにふさわしい本は小学館「細野真宏の数学嫌いでも数学的思考力が飛躍的に身につく本」です。

〜特徴〜

数学が苦手な人でもゼロから経済学部に必要な数学的ロジカルシンキングを学ぶことができます。

〜利用法〜

①まずは読むだけで一周します(1週間)

②2周目では問題を全て解きます。(1週間)

③3週目では思考に必要な考え方を覚えます(1週間)

 

「三日坊主になりがちな方へ」

これらの参考書をどのように実行していったら良いか、またルートをきちんと実行できるかが不安な方は、ロジックノートの「学部別慶應小論文対策コース」をお勧めします。

「学部別慶應小論文対策コース−コンテンツ」

①「課題図書」が毎月送付されます。

②毎日「参考書ルート」学習管理をします。

③「課題図書」の添削、および慶応小論文過去問添削を毎月何題でも受け付けます。

④メールによる質問受け付けをします。

慶應小論文(法・文)【攻略ルート完成編】

いよいよ最後になりました。この段階で、合格レベルの答案を完成させましょう。

【第三段階:完成編】慶応合格レベル

「過去問演習編」

当然最終段階は「過去問」です。実際の問題を使って今まで鍛えてきた「読解力」「思考力」「表現力」を「得点力」に結びつけましょう。そしてこの段階で使用する教材はもちろん教学社「赤本」です。


〜特徴〜

①実際の入試の過去問が載っています。

②詳しい「要約」「解説」「解答例」が載っています。

〜利用法〜

①まずは試験のように問題を解きます。

②学校や塾の先生に添削をお願いします。

③添削・アドバイスに従って書き直します。

「添削編」

「添削」は生徒にとっても、先生にとっても非常に悩ましい問題です。ですから、学校や塾の先生の負担を減らし、また自分の得点を最大化するためにも、学校や塾の先生に添削をお願いする際には以下の点について添削してほしいとあらかじめお願いしてください。

「添削ポイント」

①「誤字脱字」「文法語法構文ミス」「原稿用紙の使い方のミス」チェック

②「主張の一貫性(矛盾がないか)」チェック

③「論証の妥当性(容易に反論されないか)」チェック

この3点に絞って添削をお願いすると、学校や塾の先生も添削しやすくなります。また、添削をお願いするときには「問題」および「課題文の要約」を必ずつけましょう。

場合によっては「添削」が「背景知識の説明」になってしまうこともあるかと思いますが、そうではなく上記の三点のポイントの添削を受けるようにしてください。「知識」は先生の手を煩わさなくても自分で本を読めば良いことです。自分ではなかなか気がつかない「ミスのチェック」をお願いしてください。

「礼儀の重要性」

学校や塾の先生はほとんど「サービス残業」で添削をしてくれています。必ず礼を守って感謝を忘れずにお願いするようにしてください。すると、先生方もみなさんの力になってくれることでしょう。

「通信添削サービス」

頼れる先生がそばにいれば良いのですが、国語とは異なり小論文の場合どうしても研究や経験が十分でない先生もいます。頼れる先生がそばにいない場合は通信添削を利用するのが良いでしょう。弊社では「ロジックノート」コースで「学部別慶応小論文対策講座」があります。

〜特徴〜

①攻略に必要な「参考書」が送られてきて、学習進捗管理をします。

②単なる過去問演習では身につかない「思考力」「判断力」「表現力」が身につきます。

③もちろん「過去問」は何題でも添削します。

④添削をするのは柳生好之の指導を受けた現役慶大生です。