カテゴリー: 早慶対策

慶應義塾大学 英語学習ルート(後編)

後編では入試レベル〜直前対策について書いていきます。ここからは学部も意識して書いていきます。

【第二段階発展編】

この段階でやることは(1)多読(2)問題演習(3)過去問演習の3つです。

「多読編」

まず(1)多読です。慶應レベルの受験生は基礎を完璧にしています。基礎知識では差がつきません。読んだ長文量と語彙力で差がつきます。多読には以下の2冊をオススメします。全学部共通です。看護学部志望者は『速読英単語 上級編』をやる必要はありません。

『話題別英単語リンガメタリカ』『速読英単語 上級編』

順番は『話題別英単語リンガメタリカ』が先です。『話題別英単語リンガメタリカ』は『速読英単語 上級編』と比べ長文の難易度が低いので取り組みやすいからです。単語帳として使うというよりは中の長文を精読し音読を繰り返してください。自ずと単語が覚えられるでしょう。各章にある背景知識は息抜きがわりに読むといいでしょう。なかなか面白いです。『速読英単語 上級編』は最後までできなければそれで構いません。これも単語帳として使わず、精読と音読を徹底してください。

文学部とSFCは語彙レベルが高いとされていますが、この2冊で十分です。TOEFLの単語帳などにくれぐれも手を出さないでください。完全なオーバーワークです。

「問題演習編」

(2)問題演習は以下の教材に取り組んでください。

 

(全学部共通)『佐藤ヒロシのマーク式が面白いほどとけるスペシャルレクチャー』『佐藤ヒロシの記述式が面白いほどとけるスペシャルレクチャー』

記述問題が出題されない学部でも、記述問題に取り組んでください。長文を読むというよりは解くことに焦点が当たっています。ここで解法を固めておきましょう。また音読を忘れないようにしましょう。

 

(全学部共通)『関正生の英語長文ポラリス3』(商・法学部)『関正生の英文法ポラリス3』

読解ポラリスは難易度が高すぎず低すぎずいい感じなので、過去問演習に疲れたら息抜きがわりに解いてください。最新傾向の長文に触れることができます。予想問題のようなイメージで取り組んでください。当然、音読必須です。

文法ポラリスは難易度が高く本番前のいい練習問題になります。

 

『関正生の英語の発音・アクセントプラチナルール』(経済・法)

発音アクセント対策の必読書です。1日10分読書のように読んでください。練習問題で手軽にアウトプットもできます。12月から1月にかけてやりましょう。だらだらやらず短期で完成させてください。

 

『関正生の英作文プラチナルール』(経済・文学部)

ポラリスは英作文の入門書として活用してください。ポラリスが終わったら英作文の過去問演習に取り組んで、担当の先生に添削をしてもらってください。もし添削をしてくれる人がいなければ、『例解 和文英訳教本』を参考に自分の答案を分析してください。

また、弊社の『LOGICNOTE』では英作文コースを設置しており添削を受けることができます。

 

『Z会会話問題のトレーニング』(法)

会話問題演習に最適な1冊です。ひと通り会話問題に慣れたら過去問演習に取り組みましょう。

 

『実は知らない英文誤読の真相』(文・法・SFC)

私がオススメする最高の1冊です。例文の難易度・選定が抜群でかなりの力がつきます。完全精読を要求される文学部・SFCはもちろん法学部の誤文指摘問題にも有効です。強調構文や比較の盲点まで解説がされています。文学部の和訳問題で他の受験生と差をつけることができるようになります。直前期に取り組んでください。もし、法学部・SFC志望の人で本番までに終わるのが厳しいようでしたら最後まで終わらなくても構いません。

「過去問演習編」

(3)最後は過去問演習です。

『慶應の英語』『赤本』

志望学部の過去問は手に入る分全て解いてください。そして音読をできるだけたくさんしてください。過去問が本番に出題されるレベルの英文です。それに慣れておく必要があります。試験会場でも単語帳など参考書を読むのではなく慣れ親しんだ過去問の音読をしてください。試験直前に知識の確認は言語道断です。知識の確認が必要ないくらい学習を徹底してください。また、直前に音読をすると試験開始後すぐ集中できます。

 

*音読のポイントについて

音読は10回以上やってください。成績アップには必要不可欠です。100回できれば完璧です。

(1)最初の数回は構文が正確に取れるか確認しながら読んでください。

(2)構文が正確につかめるようになったら、全文和訳できるようになるまで続けてください。(これで単語が完璧になります。)

(3)最後は論理関係と解答のポイントを意識しながら読んでください。

 

(3)までやると10回という数字は少なく感じます。“1日1長文読め”とよく言われますが、むやみやたらに読解を繰り返しても意味がありません。音読をしっかりしていたら時間が到底足りません。2・3日に1本で構いませんから、1つ1つの長文を完璧にすることを心がけてください。

「慶應大対策英語コース−コンテンツ」

①難関大長文読解と自由英作文コースがあります。

②長文2題、自由英作文2題の添削課題があります。

③「テキスト」の添削、「課題参考書」の添削および慶應大の過去問添削を毎月何題でも受け付けます。

④メールによる質問受け付けをします。

 

慶應義塾大学 英語学習ルート(前編)

慶應の英語を攻略するには、まず現状の分析が必要です。ただし偏差値だけで自分の英語力を判断しないようにしてください。たまたま知っている語彙が頻出したり背景知識だけで長文問題を正解してしまった場合があるからです。そこで分析基準について最初に書きたいと思います。

【分析基準】

(1)語彙力

センター試験全問題で95%以上の語彙がわかるかどうか。

(2)文法・構文把握力

ア、センター試験第2問Aで最低8問必ず正解できるか。

イ、多少複雑な文でもS/V/O/C/Mを振ることができるか。検証するためにセンター試験第6問の長文を1文目から最終文まで全ての文にS/V/O/C/Mを振ってみてください。

(3)読解力

センター試験第3問B(文削除問題)C(要約問題)を必ず正解をできるか。

 

これら全てを満たしていたら、後編から学習してください。基準を満たしていないものがある人は前編を参照し、全ての基準を満たしたら後編に進んでください。

 

【攻略ルート基礎編】

「語彙力編」

(1)の条件を満たすためには、『センター試験に出る順英単語』をやってください。

“慶應受験対策でセンターかよ!”と思うかもしれませんが、慶應レベルの難単語を意識して語彙力の強化ばかりしていては他の分野の学習が終わりません。“やらなければならないこと”と“やった方がいいこと”は違います。これを1日約150単語。1週間で1周してください。これを4周してください。この本の特徴として1単語1単語に解説がついているということがあります。解説を読みながら学習することで暗記が楽になります。単語の学習は効率よく、さっさと終わらせてしまいましょう。

「文法・構文把握力編」

(2)アの条件を満たすためには、インプット学習用に『世界一わかりやすい英文法の特別講座』アウトプット学習用に『関正生の英文法ポラリス1巻』をやってください。

この『世界一わかりやすい英文法の特別講座』は英文法の暗記を激減させ効率よく英文法の全体像をつかむことができます。『関正生の英文法ポラリス1巻』はそれに準拠しているため効率よくアウトプットができます。

ここで分厚い文法書をやらないようにしてください。効率が悪いです。サクサク上の2冊を消化したら問題演習を重ねてください。問題演習にはセンター試験本試験の第2問を解ける分全て解いてください。解けない問題があったらその場で確実にしてください。センター過去問は『赤本』ではなく『黒本』の購入をお勧めします。

それは追試験がたくさん載っているからです。ただし追試はこの段階で解かないのがポイントです。追試は直前期のセンター過去問演習で使います。基礎固めに本試験を使い、直前期に追試験を使う理由は、直前期のセンター過去問演習で本試験を使うとセンターボケといって英語力低下の心配があるからです。

(2)は、スタディサプリ高3「トップレベル英文法」を受講と置き換えても大丈夫です。

 

(2)イは特に力を入れて取り組んでください。ここが完璧でないならば合格はありません。

まず、『肘井学の読解のための英文法が面白いほどわかる本』をやってください。

この本で英文の句と節について簡単な理解が得られます。1文1文の難易度が低く1週間で1周できます。また巻末の例文集を使って音読を数回し効率よくアウトプットをしてください。

次に『世界一わかりやすい英文読解の特別講座』と『富田の基礎から学ぶビジュアル英文読解 構文把握編』です。

『世界一わかりやすい英文読解の特別講座』は文型の正しい考え方をはじめ多くの基本事項を網羅することができます。この段階で句と節の理解が確固としたものになるでしょう。この本の英文も数回音読をし、アウトプットしてください。

『富田の基礎から学ぶビジュアル英文読解 構文把握編』は動詞の把握を徹底し構文解釈を繰り返す構成になっています。この本に取り組むと、自然に動詞に着目するようになります。動詞を把握することが成績アップへの近道になります。しかし、この本は難易度が少し高いので他の学習と並行して取り組んでください。

「読解力編」

(3)最後に読解力です。

まず、『西川彰一のトークで攻略慶大への英語塾』に取り組んでください。

この本は、(2)強化した文法や構文の復習から始まり、抽象と具体を意識した読解法を習得できます。抽象と具体を意識することができればぐっと長文読解が楽になります。また、この段階で慶應の過去問に触れておくのはいい経験になります。

最後に

『富田の英文読解100の技術上・下』

この本は、100の読解原則を、問題演習を通じて身につけることができます。また解説が非常に丁寧でしっかりとした理解ができるようになります。長文を読んだらしっかり音読をしてください。音読のやり方と注意点は記事の最後に書きます。

 

 

(1)(2)(3)は高3の夏休みまでに終わらせるのが理想です。遅くても9月末までに終わらせてください。

慶應小論文(経、商)【攻略ルート完成編】

いよいよ経済学部、商学部対策も最終段階です。今まで身につけてきた「思考力・判断力・表現力」を「得点力」にむすびつけましょう。この段階でやるべきはもちろん過去問です。

 

【第三段階:完成編】慶應合格レベル

慶應経済も慶應商も問題はやはり独特なので、過去問演習が必須となってきます。過去問演習にふさわしいのはもちろん教学社「赤本」です。

〜特徴〜

①実際の入試の過去問が載っています。

②詳しい「要約」「解説」「解答例」が載っています。

〜利用法〜

①まずは試験のように問題を解きます。

②学校や塾の先生に添削をお願いします。

③添削・アドバイスに従って書き直します。

「添削編」

「添削」は生徒にとっても、先生にとっても非常に悩ましい問題です。ですから、学校や塾の先生の負担を減らし、また自分の得点を最大化するためにも、学校や塾の先生に添削をお願いする際には以下の点について添削してほしいとあらかじめお願いしてください。

「添削ポイント」

①「誤字脱字」「文法語法構文ミス」「原稿用紙の使い方のミス」チェック

②「主張の一貫性(矛盾がないか)」チェック

③「論証の妥当性(容易に反論されないか)」チェック

この3点に絞って添削をお願いすると、学校や塾の先生も添削しやすくなります。また、添削をお願いするときには「問題」および「課題文の要約」を必ずつけましょう。

場合によっては「添削」が「背景知識の説明」になってしまうこともあるかと思いますが、そうではなく上記の三点のポイントの添削を受けるようにしてください。「知識」は先生の手を煩わさなくても自分で本を読めば良いことです。自分ではなかなか気がつかない「ミスのチェック」をお願いしてください。

「礼儀の重要性」

学校や塾の先生はほとんど「サービス残業」で添削をしてくれています。必ず礼を守って感謝を忘れずにお願いするようにしてください。すると、先生方もみなさんの力になってくれることでしょう。

「通信添削サービス」

頼れる先生がそばにいれば良いのですが、国語とは異なり小論文の場合どうしても研究や経験が十分でない先生もいます。頼れる先生がそばにいない場合は通信添削を利用するのが良いでしょう。弊社では「ロジックノート」コースで「学部別慶応小論文対策講座」があります。

〜特徴〜

①攻略に必要な「参考書」が送られてきて、学習進捗管理をします。

②単なる過去問演習では身につかない「思考力」「判断力」「表現力」が身につきます。

③もちろん「過去問」は何題でも添削します。

④添削をするのは柳生好之の指導を受けた現役慶大生です。

 

 

慶應小論文(総合政策・環境情報)【攻略ルート】

今回は、多くの受験生を悩ませているSFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの略)の【攻略ルート】を説明していきます。

過去問を見るとわかると思いますが、SFCの小論文は他学部と違い出題内容が独特で分量も膨大です。これをみて多くの教材や予備校では、「背景知識が必要」「時事問題をしっかり把握していなければ対応できないから毎日新聞を読もう!」「AO入試のように志望理由書を書こう!」「とにかく読書をたくさんしよう!」などと指導してしまいがちです。確かにそれらの対策は間違いではありません。ですが完全なオーバーワークです。SFCの英語や数学は難易度がかなり高く、膨大な学習時間が必要です。また他学部や他大学を併願する場合、上記のような対策をしていては時間が圧倒的に足りません。実際、合格者に受験勉強の内容を聞いてみると大多数の人が上記の対策をしていません。

SFC合格に必要なことは、「論理的思考力」および「科学的思考力」です。SFCの理念は「問題発見・問題解決」です。毎年小論文の問題ではこれを念頭において作られています。では「問題発見・問題解決」をするには何をしたらいいでしょうか。まず、今起きている現象を正確に理解し分析することです。そして問題を発見します。大学に入学すると、身近なところから社会まで様々な現象を理解し分析して問題を発見していきます。ですが、試験時間の120分という短い時間でそれはできません。そこであらかじめ問題があるとされていることを設問に取り上げています。ですからその設問を正しく理解し分析する必要があります。したがって、多くの年度で正確に理解する力を図る要約問題またはそれに準ずる設問が出題されます。そして、それについて分析をするといった設問が出題されます。要約問題には「論理的思考力」が必要です。また分析する問題には「科学的思考力」「論理的思考力」が必要です。

「科学的思考編」

では、「科学的思考力」とはなんでしょう。受験生には馴染みのない言葉のように思えます。そこで1冊目は、“NHK出版新書の「科学的思考」のレッスン学校では教えてくれないサイエンス”です。

 

この本で「科学的思考」とは何か。課題分析をするにはどんな手法があるのかを学習してください。「科学的思考力」が理解できたらあとは「論理的思考力」を強化していきます。

「論理的思考編」

まず“サイエンス・アイ新書の論理的思考最高の教科書”です。

 

 

「文と文の接続」に始まり「論証」「相関」「因果」などがサクサク学習でき、練習問題ですぐにアウトプットできます。2107年度入試ではこの「相関」「因果」が出題されました。ここまでで最低限必要な力はマスターできます。

さらに学習したいところがあれば“産業図書 論理トレーニング101題”をやってください。

 

さらなる「論理的思考力」の向上が計れます。ですが余裕がなければ他科目の学習を優先してください。

「過去問演習編」

最後に「過去問」です。志望学部が総合政策および環境情報学部のどちらか一方であっても、総合政策学部・環境情報学部両方の過去問を解いてください。総合政策学部と環境情報学部は名前が異なる学部ですが共通したカリキュラムと理念で4年間の大学生活が行われます。当然、入試問題も同じ力が要求されます。また各問題の冒頭にSFCについての記述があります。それを読んで大学生活をイメージするのもいいでしょう。

過去問演習が終わったら必ず添削をしてもらってください。「添削」は生徒にとっても、先生にとっても非常に悩ましい問題です。ですから、学校や塾の先生の負担を減らし、また自分の得点を最大化するためにも、学校や塾の先生に添削をお願いする際には以下の点について添削してほしいとあらかじめお願いしてください。

添削ポイント

①「誤字脱字」「文法語法構文ミス」「原稿用紙の使い方のミス」チェック

②「主張の一貫性(矛盾がないか)」チェック

③「論証の妥当性(容易に反論されないか)」チェック

この3点に絞って添削をお願いすると、学校や塾の先生も添削しやすくなります。また、添削をお願いするときには「問題」および「課題文の要約」を必ずつけましょう。

場合によっては「添削」が「背景知識の説明」になってしまうこともあるかと思いますが、そうではなく上記の三点のポイントの添削を受けるようにしてください。「知識」は先生の手を煩わさなくても自分で本を読めば良いことです。自分ではなかなか気がつかない「ミスのチェック」をお願いしてください。

「礼儀の重要性」

学校や塾の先生はほとんど「サービス残業」で添削をしてくれています。必ず礼を守って感謝を忘れずにお願いするようにしてください。すると、先生方もみなさんの力になってくれることでしょう。

「通信添削サービス」

頼れる先生がそばにいれば良いのですが、国語とは異なり小論文の場合どうしても研究や経験が十分でない先生もいます。頼れる先生がそばにいない場合は通信添削を利用するのが良いでしょう。弊社では「ロジックノート」コースで「学部別慶応小論文対策講座」があります。

〜特徴〜

①攻略に必要な「参考書」が送られてきて、学習進捗管理をします。

②単なる過去問演習では身につかない「思考力」「判断力」「表現力」が身につきます。

③もちろん「過去問」は何題でも添削します。

④添削をするのは柳生好之の指導を受けた現役SFC生です。

 

このルートは、最低限の勉強量にとどめていますがこれで合格できます。無差別に本を読み漁るといったことは決してせず、他教科の学習に当ててください。

慶應小論文(経、商)【攻略ルート発展編】

ここからいよいよ本格的な経済学部、商学部の対策に入ります。この部分はどこの塾予備校でも弱い部分なので、ぜひ参考にして他の受験生と差をつけてください。

【第二段階:発展編】

「論理的思考編」(経済学部、商学部共通)

経済学部にしても商学部にしても、ロジカルシンキングは必要です。特に商学部は直接的にロジカルシンキングの知識の有無を問う空所補充問題も出題されますから、必ずこの本をやりましょう。ロジカルシンキング(論理的思考)を身につけるのにふさわしい本はサイエンス・アイ新書「論理的思考最高の教科書」です。(ちなみに著者は早稲田大学教授なのでうちの慶應生スタッフに「早稲田の先生だけど大丈夫?」と聞いたところ「著者名が『福澤』なので大丈夫でしょう!」と言われたので推薦します)

〜特徴〜

①短い例文で本格的な論理的思考を身につけることができます。

②「論証」「相関」「因果」など論理的思考に必要な概念を短時間で学ぶことができます。

③著者名が「福澤一吉」です。

〜利用法〜

①まず問題を解きながら一周します。わからない問題はすぐに答えを見ても構いません。(1週間)

②2回目は問題が解けたら、すぐに次に進みます。間違えた問題だけ解説を読みましょう。(2週間)

「データ分析編」(経済学部)

「論理的思考最高の教科書」で論理的思考を身につけたら、「データ」の部分を補充しましょう。「論理的思考最高の教科書」は「データ」部分が最後に少しあるだけなので足りません。経済学部向けの「データ分析」を身につけるのにふさわしい本はダイヤモンド社「『原因』と『結果』の経済学」です。

〜特徴〜

①データから「相関関係」や「因果関係」を読み取る問題例が豊富に記載されています。

②データから「反論」を構築する考え方を学ぶことができます。

〜利用法〜

①問題を考えながら読み進めます。読んで理解できれば良いです。(1週間)

②本書の問題に対して別のアプローチが可能かを考えながらもう一度読みます。(1週間)

「確率・統計編」(商学部)

商学部では「確率」「統計」の問題が出題されます。課題文の中にヒントがあるので読めば解けるものも多いのですが、数式に慣れておくに越したことはありません。「確率」「統計」を身につけるのにふさわしい本はPHP新書「高校生が感動した確率・統計の授業」です。

〜特徴〜

①基礎編で学んだ「確率」を確認することができます。

②統計・データの問題も多数掲載されています。

③数学が苦手な人でも理解できるようになっています。

〜利用法〜

①基礎編ですでに考え方を学んでいるので問題を考えながら読みます。(1週間)

②間違えた問題をもう一度解き直します。(1週間)

経済学部、商学部は大学に入ってからも数学が必要になってきますから、根気よく勉強し続けてください。

「三日坊主になりがちな方へ」

これらの参考書をどのように実行していったら良いか、またルートをきちんと実行できるかが不安な方は、ロジックノートの「学部別慶應小論文対策コース」をお勧めします。

「学部別慶應小論文対策コース−コンテンツ」

①「課題図書」が毎月送付されます。

②毎日「参考書ルート」学習管理をします。

③「課題図書」の添削、および慶応小論文過去問添削を毎月何題でも受け付けます。

④メールによる質問受け付けをします。